地下鉄サリン20年!発生直後 緊迫の警察交信「ゲリラ事件発生。防毒マスク使用せよ」

印刷

   1995年3月20日の無差別テロ「地下鉄サリン事件」から間もなく20年だ。13人が死亡、6000人以上が中毒となり、今なお10人以上が重度の後遺症に苦しんでいる。

   「JNNはその事件にまつわる警察無線の交信記録のテープを入手しました。73分30秒の肉声の記録です」とアナウンサーの井上貴博が伝える。「事件発生直後、どんな状況だったのか、どんな対応がなされたのか。現場の警察官と指令本部とのやり取りが残されていました」

警視庁指令本部は警戒態勢を発令

   テープは午前8時21分から始まる。

風化させない

   指令本部「場所は八丁堀2丁目22番。日比谷線の八丁堀駅。病人2名、気持ちが悪くなっているそうです。事件事故等かもしれませんが、詳細判然としません」

   午前8時24分、司令本部「日比谷線築地駅。現在、電車が止まっている模様ですが、ガソリンの臭いがし、車両の中にガソリンをまかれた云々の内容です。最優先で調査せよ」

   午前8時27分、指令本部は警戒態勢を発令する。直後に八丁堀駅の現場から、前の電車の車両から煙が充満したと報告があった。この電車にはオウム真理教元幹部、林泰男死刑囚(57)が乗っていた。秋葉原駅の直前、新聞紙に包まれたサリンの袋を傘で刺して電車を降りた。車内にはサリンが次第に広がる。

   司令本部「小伝馬町、小伝馬町。目が見えないと苦しがっている人がいる」

   目が見えないのは縮瞳といわれるもので、サリン中毒により瞳孔が収縮する症状だ。

「女性2名、人工呼吸中。救急隊の話では危ない状況」

   さらに被害が増える。

   八丁堀駅の現場「女性2名、人工呼吸中。救急隊の話では危ない状況」

   小伝馬町駅の現場からはさらに切迫した報告。「救急隊願います。30人、40人が訴えています」

   情報は錯綜し、指令本部は各警察官に伝える。「地下鉄構内で爆発物を使用したゲリラ事件が発生した」

   午前8時45分、不審な重要情報が入る。

   八丁堀駅現場「ホーム上にいる男性から聴取の結果、何者かが新聞紙に入った液体を落とした模様」

   状況は深刻さを増していく。

   指令本部「不用意に中に入ることなく、防毒マスク、防毒マスク使用。留意されたい」

   キャスターの齋藤孝「この事件について、大学生は事件があったとは知っていても、リアルな経験はしていない。この恐ろしさはマインドコントロールなんです。中学、高校生にも教材として生かして欲しいと思います」

   コメンテーターの牛窪恵(マーケティングライター)「戦争と同じで、語り継ぐことが重要だと思いますね」

   司会の夏目三久「20年という節目に改めて風化させてはいけないと強く思いました」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中