爆問・太田光「いちばん品がないのはしゃべった僕ら」大人の対応―NHK「政治家ネタぼつ騒動」

印刷

   お笑いコンビ「爆笑問題」がNHKの正月番組で「政治家ネタすべてボツにされた」と暴露した問題で、太田光は14日(2015年1月)放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」であらためてこう語った。

   「政治ネタを言うなというのは、打ち合わせの段階で僕らは了承しているし、NHKでなくても民放でもある。言論統制なんてない」と説明し、「いちばん品がないのは(この話を)オンエアした僕ら」という。

   爆笑問題の暴露に、NHKの籾井勝人会長は「個人名を上げていろいろ笑いのネタにするのはちょっと品がないんじゃないかと思います」と語っていた。これについても、太田は「イベントで会って握手もした。お互い失言に気を付けましょうと話した」と語った。

   爆問はNHKに「探検バクモン」などのレギュラー番組を持っており、これ以上騒ぎが大きくなると双方にマイナスと判断し、あえて「僕らの責任」とすることで落着させようという「大人の対応」をしたようだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中