「アギーレ八百長告発」スペイン裁判所受理!来月から本格取り調べ

印刷

   スペイン・バレンシアの裁判所は、サッカー日本代表のアギーレ監督(56)に対する八百長容疑の告発を受理した。アギーレは4年前にスペイン1部リーグの残留をかけた試合で、相手チームに金を渡した疑いで選手ら40人と検察当局から告発されていた。受理によって捜査は本格的となり、来月2月(2015年)以降、出頭を要請される可能性がある。

「日本代表監督」アジア杯後に解任必至

   山本匠晃アナ「スポーツ紙は大きく取り上げています。見出しを見ますと、『アギーレ監督 アジア杯後 解任へ』『アギーレ監督 捜査開始』『解任アジア杯後にも アギーレ監督』などとありますが、今後どんな流れになるんでしょうか」

選手は落ち着いてる

   コメンテーターの菅野朋子(弁護士)は「捜査はこれから始まります。捜査で嫌疑が固まれれば起訴になります。ただ、40人以上ということなので、裁判は結構長い時間がかかると思います」と見る。

   山本「3、4年という報道もありますからね。選手への影響ですが、報道にはきのう(14日)の練習後、ゴールキーパーの川島選手は『何も聞いていないので何とも言えません』と驚いた様子だったということのようです」

   キャスターの齋藤孝「選手の発言を聞いていると、自分たちはやれることはやっていこうという、大人の心構えを感じますね」

   アギーレはこれまで一貫して疑惑を否定している。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中