「子ども買ってください」哀れ誘って荒稼ぎ!そこまでやるか!?中国の物乞いビジネス

印刷

   「きょうの中国(ネタ)です」と司会の小倉智昭が取り上げたのは、子ども3人を連れた母親が「子どもを買ってください」というチラシを持っている写真だ。中国福建省で先月(2014年12月)であった話だという。

   小倉「この女性は路上で4時間わたり泣き叫びながら訴えたということなんですが、女性の夫は大けがを負って手術のために10万元(約180万円)が必要になったためというのです」

   この1件が報道されると、女性のところには5日間で2300万円以上もの寄付が集まったという。なかには200万円を届けた人もいたというから、「中国の格差は大きいんですね」(小倉智昭)

北京の『名人』は月の数十万円の稼ぎ

   実は中国では物乞いビジネスが盛んで、大稼ぎする「プロ」もいるという。北京で「名人」と呼ばれる老人は、物乞いで月に18万円から54万円も稼ぎ、故郷に2階建の住宅を建てたり、3人の孫を大学に通わせているという。

驚きます

   また、哀れを誘うために子供を1日いくらで貸す商売もあるそうだが、これは中国に限らず、ロシアやアフリカ、中南米でも見かける光景だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中