卓球ダブルス世界1の中学生ペア伊藤美誠&平野美宇「全日本」シングルス対決!

印刷

   昨年(2014年)の卓球ワールドツアーのグランドファイナルで日本人初の優勝を果たした伊藤美誠、平野美宇の中学生ペアが、きのう15日(2015年1月)の全日本選手権のジュニア・シングルス準決勝で初めて対決した。

   さすがに両者とも一歩も譲らず、2-2のあと最終ゲームまでもつれ、最初のマッチポイントを平野が迎えたが、伊藤がねばってはね返し、最後は伊藤が取った。伊藤はその後の決勝も勝って初優勝した。

世界ランキング(15歳以下)トップ3は日本の14歳が独占

   伊藤の母親の美乃りさんも卓球選手で、美誠さんを2歳から鍛えた。5歳のときの映像があったが、同じよう な選手はたくさんいるらしい。全日本でもジュニア(高校2年生以下)の4強を中学生が占めた。

凄いなあ

   15歳以下の世界ランキングで伊藤は2位。1位が平野だ。3位はきのうの決勝で伊藤に敗れた早田ひな。14歳が世界のトップ3を占める。合い言葉は「オリンピックでの優勝」だ。

   ジュニア世代の躍進には理由があった。日本卓球連盟が2000年くらいから始めた組織的なジュニア強化策が見を結びつつあるのだという。有望な子どもたちを集めて刺激的な合宿などを行うほか、指導者のレベルアップも有効だった。2000年はちょうど彼女たちが生まれた年だ。

   司会の加藤浩次「ダブルスではコンビを組んでも、シングルスではライバル。わかるけどね。お母さんの鍛え方もすごい」

   大竹真レポーター「家が合宿所みたいなものですからね」

   加藤「オリンピックが楽しみですね」

   菊地幸夫(弁護士)「裾野を広げることとトップを育てることがかみあってるんだと思いますね」

平野早矢香、石川佳純と対戦

   伊藤と平野は次に一般の部に出る。順当に勝ち進むと、伊藤は石川佳純と、平野は平野早矢香とそれぞれ当たる。ダブルスでは昨年のチャンピオンのこの平野早矢香・石川佳純組と5回戦で対戦する。

   司会の加藤浩次「これすごいなぁ」

   キャスターのテリー伊藤「石川選手なんて若いなぁと思っていたら、もう21だもの」

   加藤「成長率というのは・・・。どれだけわれわれがないかということ」

   テリー「あとは中国だね」

   そう、まだ上がある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中