村上春樹「ヘイト・スピーチ救いがない。フェアじゃない。こういう風潮なんとかしなくては」

印刷

   作家の村上春樹(66)が1月16日(2015年)、ファンとの交流サイト「村上さんのところ」で特定の人種や民族に対する「ヘイト・スピーチ」について語った。

   「22歳 女子 学生」を名乗る人物から「言葉を書く職に就いている身として、世間を悩ませているヘイト・スピーチはどう捉えているでしょうか?」という質問が寄せられた。

   これに「小説家をやっていると、しょっちゅうヘイト・スピーチを受けているようなものです」としながらも、

「ひどいことを言う人はたくさんいるから。でもまあ、それは僕が好きでやっている仕事だから、ある程度しょうがないです。ある程度あきらめています。でも人種とか生まれとか、自分ではどうにもならないことでひどいことを言われるのって、救いがないですよね。フェアじゃない。こういう世の風潮はなんとかしなくては」

と答えた。

   「村上さんのところ」は新潮社がIT企業「はてな」との協力で1月15日午後から期間限定でオープンさせた。31日23時59分まで質問を募集している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中