尾木ママ「爪楊枝混入事件、社会的不安に悪乗りする心理。ネット時代の闇」

印刷

   教育評論家の尾木直樹・法政大学教授(68)が1月19日(2015年)、19歳少年による爪楊枝混入事件について「今日のネット時代の闇見る思い」とブログに書いている。

   「社会的不安に悪乗りする心理」「ネットで警察権力に挑戦している錯覚に陥った」と痛烈に批判、「リアルな人間の温かさ忘れたネット世界のバーチャル空間に住む少年生んでいる闇見せられた気持ち」と語っている。

   ブログの最後には「ネットは人間がリアルな人間関係強化するために活用するもの 一番大切なのはリアルな生活なのです...」と訴えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中