斎藤仁「リオ五輪で日本柔道再建見届けたかった」・・・山下泰裕と最後に無言の握手

印刷

   初の五輪連覇を果たし、全日本柔道連盟の強化委員長として不祥事からの再建に務めていた斎藤仁氏が20日未明(2015年1月)、ガン性胸膜炎のため亡くなった。肝内胆管ガンのため約1年前から療養中だった。まだ54歳の若さ。葬儀は近親者で行い、母校の国士舘大が後日お別れ会を開く予定という。

「エベレストには登ったが、まだ富士山に登れない」

   斎藤氏は3学年上の山下泰裕・全柔連副会長(57)とともに日本の柔道界をリードしてきた。2人は終生のライバルで、84年のロス五輪では斎藤氏が95キロ超級で、山下氏が無差別級で金メダルを獲得した。山下氏が引退したあとのソウル五輪では、日本勢が相次いで敗退するなか、唯一の金メダルを守った。

慕われた人柄

   全日本での山下氏との対決は「世界一決定戦」として常に注目されたが、ついに1度も勝てなかった。「エベレストには登ったが、まだ富士山に登れない」といっていたという。

   引退後は指導者として2人はまさに二人三脚だった。山下氏が代表監督だったシドニー五輪では斎藤氏がコーチ。アテネ五輪では代表監督としてメダルラッシュを生み、引き続き北京五輪も率いた。

井上康生・日本代表監督「リオまで死にものぐるいでやっていく」

   昨年末に病床を見舞った山下氏は「『(日本代表は)男女ともに頑張ってる。心配せんでくれ。まず体を治し戻ってきてくれ』と話したが、もう言葉が話せなかった。「手だけ握りあった」と話す。

   日本代表監督の井上康生氏(36)も「天国から見守ってくれていると思う。2016年(リオ五輪)まで死にものぐるいで選手と一緒にやっていく」と語った。

   キャスターのテリー伊藤「斎藤さんの人柄について、五輪で優勝した選手がプレッシャーがあるかとを聞かれて、『私なんか、斎藤先生のプレッシャーに比べたら、屁の突っ張りにもなりませんよ』といっていた。流行語になった。熱血漢でね」

   ソウル五輪で最後に金メダルを守ったときの表彰台で見せた涙を誰もが覚えている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中