スノボW杯女子スロープS「鬼塚雅16歳」最年少優勝!「平昌で金メダル狙い」

印刷

   オーストリアで行われているスノーボードの世界選手権の女子スロープスタイルで、鬼塚雅選手が初優勝した。日本選手の金メダルは2009年の男子ハーフパイプの青野令以来2人目だ。16歳3か月は男女を通じてスノボW杯の史上最年少だ。

最高難度CAB900ビシッと決めて高得点

   スロープスタイルはハーフパイプと違って、長いダウンヒルの途中のレールやジャンプ台で何度も空中姿勢(エア)を競い合うもので、鬼塚は19日(2015年1月)の予選は2位通過だったが、21日の6人による決勝では2回目に92.50の最高得点をあげ快勝した。

楽しみです

   最初のエアで決めたCAB900と呼ばれる、女子のワザでは最高難度の2回転半が圧巻だった。高得点を狙った3回目では尻餅をついて得点を伸ばせなかったが、2回目のエアの『貯金』があった。鬼塚は「優勝も嬉しいんですけど、いちばんやりたかったCAB900ができたのが嬉しかったです。着地できたのが・・・」と話す。

熊本からキャンピングカーでスキー場巡り

   鬼塚は熊本出身。5歳からスノボを始めたが、両親と熊本から車で出かけ、長野や新潟のスキー場を巡って歩いたという。

   司会の加藤浩次「熊本から!」

   今後の目標は「いろんな大会に出て、3年後の平昌(ピョンチャン)オリンピックでも優勝して、尊敬されるようなスノーボーダーになることです」という。

   加藤「10代の子どもたちがどんどん出てきますねぇ、いろんな競技で」

   キャスターのテリー伊藤「九州からだからねえ。キャンピングカーを改造したらしい」

   森圭介アナ「目標の平昌オリンピックのときは19歳です」

   テリー「いいんじゃないですか」

   バドミントンに卓球にスノボ・・・まだまだ若い選手が出てきそうだぞ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中