2019年 4月 21日 (日)

錦織圭「全豪OP次の相手」スティーブ・ジョンソンー大きなサーブと安定したプレー持ち味

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   テニス全豪オープン2回戦を突破した錦織圭選手があす24日(2015年1月)、アメリカのスティーブ・ジョンソン選手と対戦する。クロアチアのイワン・ドディグ選手とのに第3セットで、長いラリーを制すると会場から「ニシコリコール」が起こった。

   石井大裕アナ「まるで日本のようでした」

   セットカウント3-1の勝利に、錦織は「ここで試合できたことはとても幸せだ」と振り返った。

世界ランク38位!楽勝?

   元テニスプレーヤーの沢松奈生子さんは「あわてることなくプレーできていました。じっくり考えて、先にミスをしなければ心配ありません」

見逃しました

   司会の夏目三久「わたし、仕事で第1セットしか見られなかったのです。錦織選手がどう改善したのですか。教えてほしいんですが」

   石井「ドディグはシンク、考えたのですよ。サーブアンドボレーで早い展開で攻めたのですが、錦織選手はぐっとこらえ、がまんのテニスで勝ちました」

   夏目「世界ランク5位の錦織選手は研究されているということですね」

   3回戦の相手、ジョンソンは世界38位。プレーが安定していて、大きなサーブが特徴だ。

   石井「ちょっと気をつけなければならない相手です。でも、錦織の調子は上げってきますよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中