「現ナマ治療法」高額紙幣ヒラヒラ~取れたらあげるで体動かなかった患者が手のばした!!

印刷

   昏睡状態が200日以上も続いていた入院患者が「現金」欲しさに奇跡的に回復した。中国メディアが伝えるところによると、広東省のある男性はおととし8月(2013年)にネットカフェでゲーム中に脳内出血で倒れ、意識不明の状態に陥った。なんとか意識は戻ったが、体は動かせず、医師が特効薬として用いたのが、中国の最高額の紙幣「100元札」(約2000円)だった。

医者が「もし取れたら上げるよ」

   患者の目の前で紙幣をちらつかせて、「もし取れたらあげるよ」と言ったところ、患者はふるえる手で紙幣をつかんだという。医師が患者の家族に「患者が世界で一番好きなもの」をたずねたところ、おカネと即答したのだという。いまでは、この患者は退院できるレベルにまで回復したという。

何が好き?

   キャスターの菊川怜「小倉さんだったら、(一番好きなものは)何って答えます?」司会の小倉智昭「おカネ嫌いな人いないでしょ。誰だっておカネは好きですよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中