2018年 7月 19日 (木)

「凛として時雨」が歌詞を変更 「イスラム国」事件への配慮か

印刷

   ロックバンド「凛として時雨」が1月23日(2015年)に出演したテレビ朝日系「ミュージックステーション」で、演奏の際に歌詞を変更していたことを、同日深夜に公式ツイッターで明らかにした。「イスラム国」による日本人の人質事件に配慮したとみられる。

「本日出演したミュージックステーションにて、オリジナルと歌詞が違う箇所があるとのお問い合わせを頂きましたが、昨今の状況を鑑み、メンバーと番組サイドで協議し、歌詞を一部変更して演奏いたしました。番組をご覧いただいた皆さま、ありがとうございました」

   こうつぶやいているが、詳しい理由は明らかにしていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中