「凛として時雨」が歌詞を変更 「イスラム国」事件への配慮か

印刷

   ロックバンド「凛として時雨」が1月23日(2015年)に出演したテレビ朝日系「ミュージックステーション」で、演奏の際に歌詞を変更していたことを、同日深夜に公式ツイッターで明らかにした。「イスラム国」による日本人の人質事件に配慮したとみられる。

「本日出演したミュージックステーションにて、オリジナルと歌詞が違う箇所があるとのお問い合わせを頂きましたが、昨今の状況を鑑み、メンバーと番組サイドで協議し、歌詞を一部変更して演奏いたしました。番組をご覧いただいた皆さま、ありがとうございました」

   こうつぶやいているが、詳しい理由は明らかにしていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中