2018年 7月 22日 (日)

寒い冬はやっぱりおでん!エッ、そんなものも入れちゃうの!?白ワイン、にくまん

印刷

   寒いこの時季、おでんはうまい。そのおでんにこんな変り種がありますと「キテマくん」コーナーで紹介した。東京・渋谷ヒカリエに昨年(2014年)にオープンした「iBeer LE SUN PALM」はクラフトビールとフードメニューがウリの店で、冬限定メニューの「O'DENミート・ザ・ブルックリン」は白ワインとブイヨンベースのスープでソーセージやミートボールの『おでんダネ』を煮たものだ。トッピングにチーズがどっさりかかり、ハーブのローズマリーの香りが爽やか。

   男性客「ビール吹きにはたまらないですよ」

   無理におでんと呼ばなくてもいいような気もするが・・・。

東京・荒川区と足立区では定番

   東京・荒川区ではおでんににくまんを入れるのだという。住民は「出しが出ておいしいですよ」「子どものころから食べてるよ」と話す。どんなものなのか。おでん用にくまんを売っている「丸石蒲鉾店」に行ってみると、「荒川区と足立区では知る人ぞ知る名物」と胸を張る。見せてもらうと、あのふわふわの白い皮の肉まんとは違う。

くどくない

   「魚のすり身にソーセージやたまねぎを混ぜ込んで揚げたものです」(ナレーション)

   要するに、さつま揚げである。

   佐藤渚アナ「肉が手に入らなかった終戦直後に、魚を肉に見立てて売られたものなんです。こちらではこれをおでんに入れるわけです」

   スタジオで出てきた。齋藤孝キャスターは「おでんなので、揚げ物なのにくどくないですね」という。隣で司会の夏目三九は無言でひたすら食べ続けている。たしかに、おいしそうだ。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中