「錦織圭」敵なし!フェレールに完勝で準々決勝・・・サーブもストロークも絶好調

印刷

   テニスの全豪オープンできのう26日(2015年1月)、錦織圭がダビド・フェレール(スペイン)をストレートで破り3年ぶりの8強入りを果たした。準々決勝は昨年の覇者のスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦する。

   錦織はサーブ、ストロークともに好調で、サーブはときに時速200キロを超えた。長いラリーが得意なフェレールに早め早めに勝負をしかけペースを作らせなかった。錦織は「全部よかった。(フェレールに)3セットで勝ったのは初めて」と満足気だった。

面白いように決るサービスエース

   プロテニスプレーヤーの杉山愛「フェレールにすべての点で勝っていましたね」と、錦織の進化を解説した。まずサーブ。200キロを超えただけでなく、コーナーを正確に突く。フェレールが手も出せないノータッチ・エースを連発した。「200キロは男子ではとくに早い方ではないですが、タイミング、コースで裏をかいていました」

強さが違う

   錦織のサービスエースは過去4大大会で平均 5.5本だが、この全豪オープンでは最高15本も決めている。スピードも昨シーズンは195キロだった。何が違ったのか。トスをあげる位置が少し前になり、高くあげるように変えた。これで体重が乗ってスピードが上がった。

   もうひとつはラケット。内側に新素材のカーボンを使い、反発を少なくしたことでスピードが増した。握り方も変えていた。手首を時計回りにずらして、ラケットの打面を外側に向ける。これでボールに回転をかけやすくなった。

相手にボール触らせない「ウイナー」10本

   司会の加藤浩次「『じゃあ変えましょう』っていったって、簡単にできるもんじゃないですよね」

   杉山「ほんの少しなんですけどね」

   キャスターのテリー伊藤「チャン・コーチが教えてるんですか」

   杉山「細かいところまで教えてます」

   ラリーでも錦織は主導権を譲らなかった。フェレールの得意な展開に持ち込ませず、正確なコーナーワークで締めた。第3セットでは、多彩なショットを交えて相手がボールに触れることもできない「ウイナー」を10本もとっている。

   加藤「ざっくりいうと、すべての勝負どころで上回ったということでよろしいですか」

   杉山「そうです。とくに第3セットは余裕でした。一つひとつのショットの質の高さですね」

   準々決勝は28日の予定だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中