「人を殺してみたかった」名古屋大女子学生逮捕!訪ねてきた老婆を殴打・絞殺

印刷

   愛知県警はきのう27日(2015年1月)、老婆を殺害したとして名古屋大学1年の女子学生(19)を逮捕した。「人を殺してみたかった」「だれでもよかった」と話しているという。女子学生のネットの書き込みには、殺人や凶悪犯罪に関するものが並んでいた。

ツイッターで不気味な書き込み!犯行当日も「ついにやった」

   女子学生は昨年12月7日、名古屋市昭和区の自室で、訪ねてきた森外茂子さん(77)の頭を斧で殴り、さらにマフラーで首を絞めて殺害した。1人暮らしで、犯行後に宮城県の実家に戻った。森さんが帰らないため、夫が警察に届け出ていた。警察はおととい名古屋に戻った学生から事情を聞き、風呂場で森さんの遺体を発見した。女子学生は森さんから宗教の勧誘をうけていて集会にも参加していたという。

理解できない

   警察は動機を調べているが、子どもの頃から「人を殺したい」と思っていたと話しているという。昨年4月に開いたツイッターでも、「死」とか過去の凶悪犯罪への書き込みが目立っていた。事件当日の12月7日には「ついにやった」と書いていた。それ以前のこんな書き込みも見つかった。

   ★昨年4月19日「逮捕される夢みた。怖かった」

   ★5月12日「『死にたい』とは思わないけど『死んでみたい』とは考える。『殺したい』人はいないけど、『殺してみたい』人はたくさんいる」

   ★6月1日「今日は佐世保小6同級生殺害事件から10年が経ちました。加害者は◯◯さんです。可愛いです(ホントに!)」

   ★9月8日 秋葉原無差別殺人事件(08年)についてか、「アキバ系ってなに?とりあえず2トントラックに乗って、ダガーナイフ数本持ってれば、アキバ系っぽいが」

   ★9月10日「日常を失わずに殺人を楽しめることが理想なんだと思う」

   ★11月5日「なんかこれまでの人生を振り返ると、神様が悪ふざけでじぶんを作ったとしか思えない」

   ★11月15日 (自分)の取り扱い説明書

      ・テンションにムラがあります

      ・最近はタリウム(劇物)に興味を示しているようです。

   ★11月23日「夢の中での(自分)は人殺しでした」

   他にも、凶悪事件で死刑判決を受けた男たちの誕生日を祝う記述もあった。ツイート109回のなかに、「死」が7回、「殺」は6回、殺人犯・凶悪犯の名前は18回もあった。

小柄でボーイッシュで体育会系・・・「普通に面白い子だった」(友人)

   女子学生は小柄でボーイッシュで体育会系の部に所属している。授業もほとんど休まず出ていたという。友人たちは「普通に面白い子だったような感じはしますね」「真面目ないい子。部活の練習も休まなかった」という。

   司会の加藤浩次「友だちの学生たちはまったく気づかなかった」

   大沢あかね(タレント)「ご両親も気づかなかったのでしょうかね」

   宮崎哲弥(評論家)「タリウムというのは、05年にあった母親殺害未遂事件の少女が使ったものなんです。そうした先行事例を追っていくうちに、もともと彼女が持っていたものが表に出てきたのではないでしょうかね」

   キャスターのテリー伊藤「彼女がこれからどう更生していくのか」

   宮崎「知能が高くて論理性があると、更生はむずかしいんですよ」

   加藤「理解ができない」

   これまでの事例ともかなり違うのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中