イスラム国が新たな期限「きょう日没までにリシャウィ(女死刑囚)を国境に連れて来い」

印刷

   「イスラム国」は人質事件でけさ29日(2015年1月)、ツイッターで新たメッセージを出した。後藤健二さんとみられる音声とアラビア語の文字だけで、「私はケンジゴトウだ。このボイスメッセージを伝えるよういわれた」と後藤さんが代読する形をとっている。

   内容は「サジダ・リシャウィ(死刑囚)が私(後藤)と引き換えにトルコ国境でモスル時間の1月29日木曜の日没までに交換する準備ができなければ、ヨルダン人パイロットは直ちに殺害されるだろう」というものだった。

ヨルダン政府「後藤でなくパイロットとの交換要求」

   ヨルダン政府はきのう午後8時(日本時間)、「パイロットを解放すればリシャウィ死刑囚を釈放する用意がある」という声明を出していたが、それとはかみ合っていない。キャスターのテリー伊藤は「イスラム国がいっていた条件そのままですね。ヨルダン政府の要求をはねかえした」という。死刑囚との交換はあくまで後藤さんで、パイロットは脅迫材料というわけだ。

さらに難しく・・・

   しかし、ヨルダンにしてみれば、自爆テロの実行犯を外国人である後藤さんと引き換えに釈放はできまい。ヨルダンの世論は当然ながらパイ ロットが優先で、アブドラ国王の邸宅前で「パイロット救出」を求めるデモもあった。

タイムリミットは日本時間きょう深夜からあす未明

   テリー「国家としては飲めない条件を出してきた」

   司会の加藤浩次「ヨルダンがこれを飲むかどうかですね」

   テリー「もしパイロットを殺害したら、ヨルダンの世論感情から後藤さんの解放はさらに難しくなりますよ」

   ヨルダンではきのうさまざまな情報が飛び交った。「極秘交渉が行われた」「死刑囚はすでにイラクに到着した」「日本人はヨルダンに向かっている」などなど。全部ガセだった。

   岸田外相は「(新たなメッセージの情報は)承知している。方針はこれまでと変わらない」と述べたが、実際は対応のしようがないということだろう。

   モスル時間の日没は日本時間では29日深夜か30日未明になる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中