錦織圭「準々決勝」ストレート負けで中継放送視聴率もダウン

印刷

   テニス全豪オープン準々決勝で、錦織圭選手はスタニスラス・ワウリンカ選手(スイス)にストレート負けし、グランドスラム優勝は持ち越しとなったが、この試合を中継放送したNHK・Eてれの視聴率もダウンした。

   NHKは錦織の試合を平日の昼間にもかかわらず完全中継し、3回戦は11・3%、4回戦は10・5%と、この時間帯としては高い視聴率を記録した。きのう28日(2015年1月)もEテレで午後0時から放送したが、6・7%と大きくダウンした。錦織が2セットを連取されたところであきらめてしまった視聴者が多かったのだろうか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中