2月3日「節分」恵方巻きにもこんな変り種!シューマイ入れたりケーキにしたり・・・

印刷

   井上貴博アナが日本経済新聞の記事を紹介しながら、「間もなく節分(2月3日)ですが、節分と言えば、関西出身の夏目さんはやっぱり・・・」

   司会の夏目三久「恵方巻きの丸かじりですよね。子どものころからやってます。その年の方角を向いて、願いごとをしながらずっと何も話さず食べ続けるんですよ。その間に、お電話なんかがなったりしたら最悪です」

   大阪では一般的で、9割以上が実食経験があるのに、東京では知ってはいるけど食べたことあるのは65%どまりだという。

   井上「そこで、変り種を発売することで、関東にも恵方巻きの習慣をどんどん広めようという流れになっているのです」

   どんな変り種があるのか。

サイダーびんに写真貼りつけて・・・

   最初に登場したのは恵方巻きならぬ、「恵方巻サイダー」(180円)だった。坪井食品がスリーエフなどで売り出したもので、黒い瓶の底に恵方巻きの写真が張り付けてある。

関東に広げろ!

   井上「飲んでみましたが、中身は極めて普通においしいサイダーです。冬はサイダーが売れません。何かインパクトがあるものを発売したいと始めたのですが、2万本はすでに完売です。節分までに増産の計画だそうです」

   「シウマイ恵方巻」(320円)を考えたのはあのシューマイの崎陽軒だ。シューマイのあんを中華まんじゅうでの皮で巻いてロール状にした。昨年(2014年)は即完売で、今年は2倍の約5000食を準備している。

   「キテマスくん」コーナーでも変り種恵方巻きが登場した。洋菓子店の「メイプリース」の「恵方巻ケーキ」である。すべて菓子で作られているという。

   佐藤渚アナ「海苔はココアを練り込んだシュー皮、酢飯は卵白多めのスポンジ生地。具の卵焼きはスフレチーズ、マグロはいちごゼリーです」

   店頭で試食した客は「思ったより甘くない」という感想だったが、なにもケーキをこんなことして食べることもないような気がするね。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中