嵐・相葉雅紀「月9」池井戸潤ドラマ初主演!ストーカーに狙われる気弱なサラリーマン

印刷

   嵐の相葉雅紀がフジテレビ系春ドラマの主演が決まった。月曜9時からの「月9」枠で、池井戸潤原作「ようこそ、わが家へ」で誠実だが気の弱いサラリーマンを演じる。嵐ではこれまで松本潤、大野智が「月9」で主役を演じているが、相葉雅紀は初めてだ。

   売れない商業デザイナーの倉田健太(相葉)は駅で列の割り込みを注意したところ、自宅への嫌がらせが始まり、父親(寺尾聡)は勤務先で窮地に追い込まれ、母親(南果歩)は陶芸教室で足の引っ張り合いに巻き込まれ、妹(有村架純)は元彼に追い回されるということが次々に起こる。何者のしわざなのか。恋愛ドラマが多い月9では珍しく、サスペンスものだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中