2018年 8月 16日 (木)

冨田尚弥「カメラ窃盗公判」裁判所通訳が来てない!?期日間違え出廷せず

印刷

   アジア大会でカメラを盗んだとして起訴された競泳の冨田尚弥選手(25)の第2回公判でとんでもないハプニングがあった。きのう2日(2015年2月)、韓国・仁川地裁で行われたが、法廷通訳が日付を間違えて姿を現さなかったのだ。富田は言葉が分からず、ポカーンとした顔をしていたという。

韓国人弁護士が通訳してようやく審理

   「日にちを間違えたというのは、驚きました」と富田の國田武二郎弁護士もあきれていた。法廷通訳人は裁判所が用意する正式なもので、裁判を延期するかと聞かれたが、國田弁護士は「なんのためにわざわざ時間と費用をかけて日本から来たのか」として延期せず裁判は行われた。富田側の韓国人弁護士が通訳を兼務したが、審理内容はほとんど日本語で説明されなかったという。

公正疑われる

   司会の羽鳥慎一「自分の潔白を証明するところですから、出張費用のことより延期すればよかったのではないでしょうかね」

   コメンテーターの舘野晴彦(月刊『ゲーテ』編集長)「そもそも、裁判に携わる人が翌日のスケジュールを確認しないとは・・・。この事件について、といっていいのか、不可解なことが多すぎますね」

防犯カメラ映像は次回4月9日

   高木美保(タレント)「裁判がきちんと公正に行われるために通訳が必要なんでしょ。後で公正ではなかっと誰かにいちゃもんをつけられるような状態になる裁判は良くないですよね」

   公判で注目されたのは防犯カメラの映像だった。富田側はカメラ映像が不鮮明で一部省略があるとして証拠と認めていない。検察側はきのうは映像を出さず、次回(4月9日)に原本を提出する予定だ。

   羽鳥「ポイントは映像を見るかどうかで分かるんじゃないでしょうか。原本が問題ですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中