ダウンタウン看板番組でやらせ?取材先のブックオフ店員「福袋のコミック本タイトルをバラバラにしてほしいと要求された」
<水曜日のダウンタウン>(TBS系)

印刷

   ダウンタウンのメイン番組で、吉本を中心としたお笑い芸人たちが大勢出演している。芸人たちが自分が信じている『説』をプレゼンし、その『説』が真実か否かという検証VTRを流し、それをもとに芸人たちがワイワイガヤガヤやる。
   視聴者からの依頼がない「探偵ナイトスクープ」という感じで、依頼がなくても、芸人の『説』だということでやれるので自由度は高く、言い方は悪いが、やりたい放題で、そのぶん面白い。「魔の水曜日」と言われ続け、何をやっても視聴率が取れなかったTBSにとっても、落ち目と言われているダウンタウンにとっても久々のヒット番組で、密かに期待もしていたのだが......。
   残念なことに、この日の放送でやらせがあったと取材先の店員がツイッターに書いた。「ブックオフの福袋を買うやつどうかしてるぜ説」というもので、福袋が売れるかどうかをチェックして、買いに来たお客さんに買う理由を聞き、1000円の福袋の中身のお値打ち感を見せてもらうという内容だった。福袋には決まったタイトルのコミック本が何巻か入っているのだが、店側によると「タイトルをバラバラにしてもらえないか」と提案されたのだそうだ。ほかにも、番組側の行き過ぎた演出に対して苦情を述べている。
   これが事実なら、まだこんなことをやっているのかと呆れる。いまどきヤラセなんか仕掛けたら、ツイッターで暴露されて終わり。番組もジ・エンドになってしまうだろう。(放送2015年1月28日22時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中