アギーレ監督解任!後任に名前上がるレオナルド、オリベイラ、ロナウド・・・

印刷

   日本サッカー協会はきのう3日(2015年2月)、ハビエル・アギーレ氏の代表監督解任を発表した。スペインリーグ時代の八百長疑惑で検察の告発が受理されたためで、「ワールドカップ予選などへのリスクを避けたい」というのが理由だ。

   大仁邦彌会長は「(アギーレ氏の)指導者としての手腕を高く評価していたので、受理されないことを願っていたが、残念な結果になった」と語った。アギーレ監督は「やむをえない。わかりました」と承諾したという。

   アギーレは「日本で仕事ができて幸せだった。代表チームの幸運を祈る」というコメントを出した。

疑惑噂されていたのに選んだ責任大きいぞ

   八百長疑惑は、アギーレが監督を務めていた「レアル・サラゴサ」の一部残留がかかった試合で、相手チームに巨額の金が渡されたというものだ。アギーレが監督に就任したのは昨年8月で、この疑惑が表面化したのは9月だが、疑惑はそれ以前からヨーロッパで広く噂されていた。サッカー協会は知らなかったか、無視したことになる。

急がないと

   スペインの検察庁は昨年12月にアギーレを含む41人を告発したが、アジアカップ直前で、協会は続投とした。こうした経緯から、協会顧問の釜本邦茂氏は「選んだ関係者は責任をとるべきだ」と手きびしい。大仁会長は選任責任について「処分を検討する」と話すが、執行部退任には触れなかった。

スポーツジャーナリスト・二宮清純があげる「人選基準」

   代表チームの今後の日程は、3月にチュニジアなどとの強化試合のあと、6月からは2018年ロシアW杯の予選が始まる。早急に後任を決めないといけないが、ヨーロッパでもどこでも目下シーズン中だ。Jリーグの現役監督というわけにもいかない。

   司会の夏目三久「この時期に探すのは大変ですね」

   スポーツジャーナリストの二宮清純氏は「非常事態だから、日本のサッカーを知ってる人、Jリーグで指揮をとって結果を出した人、あるいは日本代表の指揮をとったことがある人」という。

   キャスターの斎藤孝「オリベイラさん、ロナウドさん、ドイツ人とか・・・」

   東京中日スポーツ紙は「レオナルド浮上」とトップで書いた。夏目が「鹿島アントラーズのですよね。甘いマスクで」という。鹿島でプレーして、のちにACミランやインテルの監督を務め、インテルでは長友佑都選手を大いに起用した。

   石井大裕アナ「何よりも現在はフリーなんです」

   さて、どうなることやら。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中