2018年 7月 19日 (木)

ゾンビキャット!?車にはねられ埋葬したのに帰ってきた・・・九つの命を持つ猫

印刷

   動画サイトでは猫のかわいらしい映像が常に人気だが、英語のことわざで「ナインライブス(九つの命を持つ)」と言われる猫には不思議で妖しげな一面もある。そんな猫のエピソードがYouTube(ユーチューブ)などで話題を呼んでいる。

   アメリカ・フロリダ州に住むバートは1歳半の雄猫で、1月上旬(2015年)に道路で倒れているところを飼い主のエリス・ハトソンさんに発見された。バートはクルマに轢かれたものとみえ、息もしていなかったため、穴を掘って埋葬された。

飼い主「全身傷だらけで、本当にホラー映画みたいだったよ」

   ところが5日後、バートはエリスさんの近所に現れ隣人に保護された。「よみがえった」バートは、複数の裂傷を負い、アゴは骨折、目にもダメージがあり、脱水も進んでいた。ハトソンさんは「正直、見た目はホラー映画にでも出てきそうだった」と話す。

   ユーチューブでもバートには「ゾンビキャット」「リアル・ペット・セマタリー」などといった愛称が付けられているが、ハトソンさんは「バートの性格は元のままだった」と証言している。

   現在は治療を受け回復に向かっているという。フィクションの世界で、墓地からよみがえったものにありがちな凶暴性や異常性などは見られないようである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中