「3B Junior」12歳メンバー意識不明!番組収録でヘリウムガス吸引

印刷

   アイドルグループ「3B Junior」の12歳のメンバーが番組収録中に意識を失って救急搬送される事故があった。原因はパーティー用グッズとして市販されている声を変える効果があるヘリウムガスを一気に吸引したために脳の血流が妨げられたためだった。テレビ朝日の武田徹常務が4日(2015年2月)の記者会見で明らかにした。

テレ朝制作のBS朝日「3B Juniorの星くず商事」

   事故は先月28日午後、テレ朝が制作するBS朝日の番組「3B Juniorの星くず商事」の収録中に起きた。5本並べられた缶のうち1本にだけヘリウムガスが入って、それを吸った人を当りとするゲームだった。搬送されたメンバーは吸った直後に意識を失った。

   病院で脳の血管にヘリウムガスが入り血流が妨げられる「脳空気塞栓症」と診断された。少女は意識不明の状態が続いたが、入院から1週間がたった3日にようやく目を開き、手が上がるなど回復に兆しが見えるようになったという。

「大人用」制作スタッフ確認せず

   ヘリウムガスは空気より軽く、空に上げる風船用に使われる。成分100%の物は吸引すると窒息し死に至るケースもある。声を変える作用があるため、ヘリウムガスに20%の酸素が混入させパーティー用グッズとして市販されている。ただ、市販されているものでも注意事項として「大人用」と書かれ、「通気性の悪い狭い空間での使用禁止や疲労時の使用は控える」よう書かれている。

   内科・脳神経外科「西原クリニック」西原哲浩院長は「ガスを一気に吸引したために血管の中に溶けてしまい、それが血液のなかで気化して脳の中で血流を妨げたのでしょう」という。

   コメンテーターの宋美玄(産婦人科医)は「声を変えるだけならもっと面白い企画を考えてほしいなあ」と注文を付けた。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中