老後は「刑務所」で悠々自適!?衣食住に困らず医療はタダで友だちもいる

印刷

   滅多に窺い知ることができない刑務所の中だが、実は福祉施設並みの居心地のいい場所だった。塀から出れば地獄、入れば天国という志願者で、いまや高齢受刑者が急増中という。「真相チェイス!直撃御免」コーナーで、塀の中の今を取り上げた。

5人に1人が2年以内に舞い戻ってくる高齢受刑者

   女子専用では最大の栃木刑務所(栃木県栃木市)と男子専用の黒羽刑務所(栃木県大田原市)。

外の方が厳しい

   まず訪れたのは、60歳以上が2割を超えるという女子専用の栃木刑務所(栃木県栃木市)だ。70代の受刑者に話を聞くと、タクシーの無銭乗車で逮捕され、詐欺罪で一昨年に懲役2年10か月の実刑判決を受けていた。執行猶予が付けられなかったのは、「出所して5日目にまた事件を繰り返したため」で、なんと塀の中はこれで8回目だという。そしてこんな話をする。「兄弟にも見放されて独りで生活するのも大変だし、ここにいれば友だちもいるし」と笑う。

   実は高齢受刑者の再犯率は7割以上で、5人に1人は2年以内に再び塀の中に舞い戻ってくるという。だから友だちが多いのだ。

   男子専用の黒羽刑務所(栃木県大田原市)には、普通の刑務所では生活が困難な高齢受刑者を収監する「病棟」と呼ばれる特別施設があり、現在38人が収容されている。70代の受刑者は「点検の時間ですから布団を畳みなさい」と再三注意されても反応なし。

   スーパ-で万引を繰り返し窃盗で服役中のこの受刑者は、昨年9月から認知症が出てこの病棟に移された。ようやく布団を畳み、点検を終えた後もまた横になっていた。もはや刑務所にいることも分からないらしい。「ここは静かだし良い。ここでゆっくりしようって思う」なんて話している。

刑務官「刑務所の役割とは何だろうと考え込んでしまいます」

   刑務所「病棟」では受刑者一人ひとりの健康状態に合わせ、「減塩食」「粥食軟菜」などの食事メニューが作られる。風呂も介護の刑務官が付き頭などを洗ってくれる。さらに准看護士の資格を持つ刑務官が巡回し、体調チェックもしてくれて、症状が悪化すれば外の病院で専門医に診てもらえる。すべて無料だ。手厚い看護も、刑を全うさせ社会に復帰させるためというが、税金で賄われる刑務所の医療費はこの10年間で約2倍に跳ね上がり、年間58億円にのぼる。

   黒羽刑務所で刑務官が最後に案内したのは墓地だった。刑務所内で死去し引き取り手のいない受刑者のためにつくられたという。墓石に刻まれた言葉は、誰もが皆一つの浄土に戻るようにと「會一處」だった。

   塀の外に出れば自己責任、中なら極楽状態。栃木刑務所の女性刑務官は「刑務所に来た方は、食べ物は出るし着る物はあるし、生活に困らないという面ではそう思っている人はいるでしょう。自分たち刑務官はボランティアではないですし、刑務所としての役割となると頭を抱える部分もあります」と率直に話していた。

   司会の小倉智昭「受刑者以下の生活をしている善良な市民は結構いると思う。そこが問題ですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中