満島ひかり当節じゃ美女?久米・ピーコ・山田五郎・・・過去の人ばかりじゃ「雨世の品定め」もピント外れ
<久米宏・未来への伝言 第5章 美女>(BS―TBS)

印刷

   久米宏とおすぎとピーコと山田五郎、うわあ、過去の人ばかりの座談会(!)。42人の美女(彼らが選んだ)の写真を掲げて、あーだこーだとお喋りする番組を初めて見た。最後にとっておきで挙げられたのは浅丘ルリ子で、彼女は大原麗子の葬儀で、大原が晩年みんなに迷惑をかけたことについて相当辛口で糾弾したそうだ。初めて聞く話で、そうした業界の姉御的振る舞いも評価を上げた理由だ。
   久米が「綺麗だ綺麗だ」と絶賛していた乙羽信子は、デカ面にエクボのアンパン顔で、決して美人と言えなかったから、久米の審美眼もヘンである。さらに彼は若尾文子の声が素敵だと盛んに言う。吉永小百合は美人というより可愛い部類だそうでこれは納得である。岸惠子は声が悪いが美人の部類、夏目雅子は全員一致の美人とか。
   この中に南沙織、北原三枝らが入っていて、他にも石井好子やスクリプターや映画の翻訳家など、美人とは言えないオバサンたちも挙げられている。そのくせ、元宝塚の美人、例えば若い頃の有馬稲子や典雅な月丘夢路などはリストにない。古い女優が挙げられているのに目配りが偏っている。オカマの審美眼はちょっと違うのか。
   BSだけに時間がたっぷりあって、その点では聞きごたえがあったが、人選がおかしいので「美女の特集」としては物足りなかった。若い世代で貧乏顔の満島ひかりが挙げられていたのも大いにヘン。(放送2015年1月31日15時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中