2018年 7月 22日 (日)

週末から天気日替わり!当たらない予報士・天達武史「春が近づいています」

印刷

   「首都圏は5日(2015年2月)は朝からの降雪で東京は積雪5センチ」と予報した気象予報士の天達武史が、平身低頭で予報が外れた弁解をする。「各気象会社も、大雪といってところや少し雨の確率といったところなどバラツキがありました。なぜ難しかったのか。気象庁によると、雪か雨のギリギリの境目で判断しなければならないケースだったとしています」と気象庁のせいにする。

   司会の小倉智昭「大人は雨で喜んだでしょうが、子どもたちは『降らないじゃないか天達!』って絶対に言っていたと思いますよ」

春に三日の晴れなし

   そんな天達が来週には春の兆しがあるという。小笠原付近にある春の空気が日本列島に近づきつつあり、大陸からの寒気を押し上げているからだという。

また外れた

   ただ、低気圧が太平洋岸沿いに近寄りやすくなっていて、あす7日は晴れのち曇り、8日は曇り時々雨、9日曇り、10日は晴れ時々曇り、11日は曇り時々晴れの予想だ。

   天達「1日として同じ天気がないんですね、天気の変化が非常に早くなっています。これは『春に三日の晴れなし』という諺通りで、春が近づきつつある証拠です」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中