欧州で広がるイスラム移民排斥!重税不満・雇用不安のはけ口に・・・「差別VS反発」で新たなテロの芽

印刷

   新年早々に起きたイスラム過激派による連続テロ事件を契機に、フランスでは反イスラム感情が高まり、バルス首相は「フランスはテロやイスラム過激派との戦争に入っている」と発言し、フランス全土で370万人が「テロは許さない」と抗議のデモを行った。反イスラム感情はフランス以外の欧州各国にも広がっている。ヨーロッパ系住民とイスラム系移民との軋轢で分断されつつあるヨーロッパ社会はどこへ向かうのか。

   フランスは欧州でもイスラム系移民がとくに多い。第2次世界大戦後の復興期に、労働力不足を補うため北アフリカなど旧植民地から移民を受け入れ、現在は人口の7%にあたる450万人が暮らしている。フランス政府は同化政策を進めながら、貧困層の多いイスラム系移民への福祉政策とってきた。ところが、不況に陥った1980年代以降、格差や雇用不安からイスラム系移民への風当たりが強まっていった。

   これに反発する移民の2世、3世の中からイスラム過激派に接近する若者が増え、連続襲撃事件を起こした犯人もパリ出身のアルジェリア系イスラム教徒だった。

他民族排斥はタブー視のドイツでも大規模な反イスラムデモ

   差別や嫌がらせが広がっていることにイスラム系国民の危機感は強く、テロ抗議デモに対抗してささやかだが300人が集まり、「私の預言者に触れるな」の横断幕を掲げ、「イスラム教徒は尊重されていない」などの声をあげた。

   イスラム教徒のための相談窓口を開設している反イスラム嫌悪協会の広報担当を務めるユルザ・ルイはこう話す。「預言者・ムハンマドの風刺画を掲載するたびに風刺週刊誌を告発しても、司法当局は『表現の自由の範囲だ』と退けてきた。とくにスカーフをつけているイスラム系女性は仕事場であれ、学校であれ、休日であれ、日常的に暴力や差別の危険にさらされています。この状況に対策を講じなければ今後も同じような被害が続くでしょう」

   しかし、反イスラム感情の高まりはフランスだけではない。ドイツをはじめ欧州各地に広がっている。ドイツでは1万5000人が参加して、移民排斥を訴える最大規模のデモが行われた。あからさまな反イスラムを訴えたデモは過去例がないという。ナチスによるユダヤ人虐殺の歴史から他民族排斥はタブー視されてきたからだ。

移民2世、3世に鬱積「自由・平等・博愛」の建前と現実の乖離

   国谷裕子キャスター「表現の自由をめぐる議論で移民の方たちの『自分たちは尊重されていない』と感じるところへ寄り添うことはできないものでしょうかね」

   東京外語大大学院の渡邊啓貴教授はこう話す。「その辺が今回の大きな中心的問題だと思います。フランスは今まで表現の自由といってきて、それ自体は普遍的な考えと思うが、どの文化もそれなりの固有性、特徴を持っています。自由の中のスタンダード、どこまでが許容範囲かということが議論される最も大切なことだと思います。

   とくに、第2世代に人たちはフランスに溶け込もうとして、そういう教育を受けてきています。それにもかかわらず、出自とか宗教、とくに生活に根差した宗教ですから、受け止められにくいし適合しにくい。フランスが持っている表現の自由にあるスタンダード、規制が彼らには一方通行に見えるのではないでしょうか」

   イスラム教の預言者に対する侮辱が表現の自由の許容範囲を超えていることは理性的な人には分かっているのだろう。それが声にならないのは、高額な税金や雇用不安などの原因を移民に求めているからではないか。「不安定な状況を改善し社会統合を進めるためのカギはなんだと思いますか」という国谷キャスターの問いに、渡邊教授は「平凡ですが、対話だと思う」と答えた。

NHKクローズアップ現代(2015年2月4日放送「『分断』の危機は避けられるか~仏テロ 広がる波紋~」)

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中