逸ノ城の親孝行・・・密着!初来日の両親・兄弟と京都旅行や稽古体験

印刷

   幕下付けだしのデビューから5場所で新三役と出世した関脇逸ノ城(21)が、初めて家族をモンゴルから招待した。両親と兄弟ふたり。京都や山梨・富士急ハイランドなどを案内した。きのう9日(2015年2月)に成田空港で見送るまで「あさチャン!」が密着取材した。

「もっといい成績を残してからまた呼びたいなと思います」

   6日の湊部屋の朝稽古では、親方に頼みこんで、弟のムンクドルジさん(14)にまわしを付けさせ土俵に立たせた。鉄砲の腰の据え方などを指導したあと、若い衆とのぶつかり稽古に臨んだ。体格はまだまだだが、モンゴル相撲をやっているという力はなかなかで、受けて立つ若い衆を一気に土俵から押し出した。若い衆も思わず「強~い」。逸ノ城も満足げに笑っていた。

グッときました

   空港では家族一人一人と抱き合って別れを惜しんだ。「寂しいですね」とつぶやいた逸ノ城は、やっぱり21歳の若者だった。「もっといい成績を残してから(また日本に)呼びたいなと思います」

   石井大裕アナ「親孝行ですねえ」

   司会の夏目三久が涙を浮かべている。「不覚にもグッときてしまいました。あの温かい性格は、このご家族あってのことなんだなと思って・・・」

   石井もそれに感じたのか、ムニャムニャと言葉にならない。

   夏目「何なんですか私たち、朝から。失礼しました」

   スタジオから拍手が聞こえた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中