2018年 7月 18日 (水)

「あいさつ返さない中学生」市会議員が怒りの写真FB公開!まったく別人だった

印刷

   あいさつ運動を推進している愛知県半田市の市議会議員が、「あいさつできない、しない中学生的集団」としてフェイスブックに掲載した中学生たちの写真がまったく別人だった。市民からは「考えられないですね、おかしいって」と怒りの声が上がっている。

生徒・保護者、学校から抗議

   市内の中学校の生徒たちが先月30日(2015年1月)、学外活動として約30キロ歩く行事が行われたときだった。新美保博市議(61)が前方から歩いてくる中学生たちに「おはよう」と声を掛けたが、あいさつが返ってこなかったのだ。立腹した市新美議は持っていた携帯電話で中学生たちを撮影してフェイスブックに掲載した。

浅はかだねえ

   新美市議は「これを乗せることによって、子どもたちや親御さん、行政、教育委員会の人たちにもう一度、挨拶運動をがんばろうと提起する思いがあった」というが、撮影の準備をしているうちにあいさつを返さなかった中学生たちは通り過ぎてしまい、フェイスブックに掲載されたのは後続の中学生たちだった。

「プライバシーなど思いつかなかった」

   当然ながら、写真に公開された生徒や保護者は怒り、学校も問題にした。美保市議は「こういう現場だよと映したかったので、正直プライバシーなど思いつかなかった」と釈明していて、別人と分かっていながら掲載したようだ。

   司会の小倉智昭「なんで考えなかったのか。浅はかだねえ」

   ネット被害に詳しい高橋史記弁護士は「映っている人物の社会的評価を下げる内容は注意が必要で、名誉棄損で訴えられる可能性があります」と話す。いまは写真は削除されているが、「挨拶できない、しない中学生的集団」のタイトルは残されている。あいさつしないで写真掲載する市議というわけだね。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中