2019年 1月 16日 (水)

サメに襲われ日本人死亡!サーフィン中にホオジロザメ・・・オーストラリア

印刷

   オーストラリア東部のニューサウスウェールズ州の海岸で、きのう9日(2015年2月)にサーフィン中の日本人男性がサメに襲われて死亡した。近くにいたサーフィン仲間らが男性を浜辺に運んだが、両足を食いちぎられ出血がひどく助からなかった。

   サメは体長3~4メートルのホオジロザメと見られ、凶暴で前日にもサメに襲われて死亡した人があった。遊泳は危険であるという看板も立っていた。

地元ホテル勤務の41歳

   死亡した男性は地元のホテルに勤務するナカハラ・タダシさん(41)と見られる。日本でも最近はサメに襲われる被害が出ているが、東海大学の田中彰教授はここに注意せよという。

早い手当

   まずサメの目撃情報あるか注意すること。サメは何日間か1か所にとどまっていることが多いからだ。仲間と一緒に行動し、声が届く範囲に仲間がいることが重要だという。複数よりは1人でいる時の方が襲われやすいという。サメはごく浅いところまでやって来ることがあり、サーフィンなどで沖にいるときだけでなく、浜辺の水遊びなどでも注意すべきだという。

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「万が一襲われたときに、早く手当してもらう。そこも生死を分けることだと思う」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中