2018年 7月 17日 (火)

阿部祐二も騙された?米NBC大物キャスター口から出まかせ「イラクで被弾した」

印刷

   アメリカでテレビ番組の人気キャスターのウソがバレて騒ぎになっている。3大テレビの一つNBCの看板ニュース番組「NBCナイトリーニュース」アンカーのブライアン・ウィリアムズは、2003年にイラク戦争の取材中に乗っていたヘリコプターが敵のロケット弾に撃たれたと語っていたが、ウィリアムズと同乗していた兵士が「撃たれたのは別のヘリコプターだった」と証言したのだ。

   ウィリアムズは「自分が乗っていたのは撃たれたヘリの後続のヘリで、記憶違いだった」と謝罪した。

ハリケーン・カトリーナでも「泊まってるホテルの脇に遺体」

   番組には視聴者からの批判が殺到していて、NBCはウィリアムズ6か月出演停止を決めた。視聴者の信頼を危機にさらしたが、「やり直すチャンスも与えられるべきだ」という判断だ。

   納得しない視聴者は「6か月出演を止めれば彼は正直になるというのか」「どんな罰則を受けても彼は完全に信頼を失ったよ」などの書き込みがネットでは目立つ。

   「正直言って、私もショックなんです」というのは阿部祐二リポーターだ。2005年のハリケーン「カトリーナ」の取材ではウィリアムズの番組を参考にしたが、このときの情報にも疑義が生じているという。ウィリアムズは「私の泊まっていたホテルの脇を遺体が流れていった」と伝えたが、ホテルは冠水していなかったという情報があるのだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中