2018年 7月 22日 (日)

韓国で玉突き衝突100台!仁川国際空港高速道「濃霧で数メートルしか見えなかった」

印刷

   韓国で乗用車やバスなどおよそ100台が巻き込まれる超多重衝突事故がきのう11日(2015年)に起き、2人が死亡し日本人を含む66人が重軽傷を負った。現場は仁川空港からソウル市内に向かう仁川国際空港高速道路の橋で、地元消防によると、当時は濃い霧がかかっており見通しは10メートルほどだったという。

海の上を走る橋

   事故に巻き込まれた女性は「もうクルマ1台分くらいしか前が見えなかった」と語っている。

緊急停車時のルール

   森圭介アナ「この橋は海の上を横切っています。きのうは低気圧が通過して気温が氷点下まで下がったため、海水温のほうが高かったために蒸発し、霧となってとなって立ち込めたようです」

   キャスターのテリー伊藤「日本だとハザードランプをつけるとか、クルマが自動的に停止するとか、いろいろ(安全設備やルールが)あるじゃないですか。そういうのがまだないですからね、韓国には。こういうときにこういう風にするというルールがあまりないですね。たとえばフォグランプをつけるとかあれば、もうちょっと(被害を)軽減できたと思いますね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中