2019年 5月 26日 (日)

「特殊詐欺」被害最悪!私も500万円だまし取られた・・・急増する現金送付型

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   年間559億円とは大変な金額だ。振り込め詐欺など特殊詐欺の被害額が昨年(2014年)、過去最悪となった。テレビ、新聞であれほど注意されているのに後を絶たない。犯人の手口も年々、巧妙になり最近は現金送付型、劇場型が増えている。「イマドキ白書」コーナーで実際にだまされた人の経験を取り上げた。

「娘役」「裁判所の職員役」「被害者の男親役」が次々登場

   「おばあさんの原宿」として知られる東京・巣鴨で高齢者100人にアンケートしたら、40人が振り込め詐欺の電話を受けたことがあるという。60代の主婦によると、娘が就職して1、2年の頃、交通事故を起こしたという電話がかかってきた。池袋の交差点で小学生をひいてしまい、男の子が救急車で運ばれ、瀕死の重傷だという。以下はそのやりとりの再現だ。

急増してます

   娘役の女「お母さん、大変。事故起しちゃった」

   泣くばかりで事情がよくわからない。すると、裁判所の者だという男と代わる。

   裁判所の男「娘さんの将来のことを考え、一刻も早く示談を進めますので、会社には連絡しないでください」

   そうこうしていると、今度は被害者の親という男が出てきてののしり始めた。

   親の男「どうしてくれるんだ。うちの息子は死ぬかもしれないんだぞ。どうしてくれるんだ」

   申し訳ない、申し訳ないと謝っても、「どうしてくれるんだ」というばかり――。

   その主婦は娘とは連絡できず、将来は終りだといわれ、「人には言えないほど、振り込んでしまいました」と話した。金額は「500万円です」。最初の電話がかかってからわずか1時間での出来事だった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中