<デート~恋とはどんなものかしら~>(フジテレビ系)
杏・長谷川博己「ぶっ飛びキャラ」楽しい!恋愛ゼロのアラサー男女「嫌々婚活」さあ~て、2人うまくくっつくか・・・

印刷

   私としては、今シーズンのイチオシはこれだ。やるね、杏と長谷川博己! と言うより、脚本(古沢良太)をはじめ、あの「リーガルハイ」で古美門研介(堺雅人)のブッ飛んだキャラクターを作ったスタッフが、今度は杏と長谷川博己の新しい魅力をうまく引き出している、と言うべきか。

   主人公二人のキャラ設定がうまい。ヒロイン・依子(杏)は東大大学院を出て、内閣府の研究所で舌を噛みそうなテーマの研究をしているリケ女(理系女子)である。超合理主義者で、感情の動きを顔に出さない。出さないと言うか、感情の動きが「ない」。少なくとも普通の人間の回路では・・・。したがって、友達もできたことがない。

   一方、相手の巧(長谷川博己)は35歳になるのに一度も働いたことがない引きこもりで、美術教室を開く母の留美(風吹ジュン)に頼って生活している。そういう自分を「高等遊民」と称し、家から一歩も出ずに、自室で好きなだけ文学や芸術に浸って暮らしているニートである。

初対面でいきなり「勃起力に問題はありませんか」

   で、この二人が必要に迫られて結婚をめざすことから、てんやわんやが始まる。依子は29歳になる娘を心配する父のためを思ってであり、また国家公務員として少子化対策に貢献できると考えてのことである。だから、結婚相談所で紹介されて初めて会った巧に、「勃起力に問題はありませんか」と聞いてしまうのである。

   巧の方はもっと切実だ。頼みの母がどうもこの頃、体調がすぐれない。母にもしものことがあったら自分はどうやって生活していけばいいのか。危機感を感じた巧が考えたのは、次の寄生相手を見つけることだ。そして、結婚相談所のデータで目をつけたのが国家公務員の依子だったのである。もちろん、自分は「出版社勤務」と嘘を書いて登録したのだ。

   こうして「デート」など1度もしたことがない二人がデートすることに。両方とも、どうしていいかわからないし、だいいちデートなるものが苦痛で苦痛で仕方がない。

   デートにふさわしい髪型や服、表情などをネットや本で「研究」した依子が笑える。頭の真ん中に大きな花を付け、終始首をかしげた上目づかいに唇を突き出して口角を引いた「アヒルぐち」。さすがの巧も「き、気もち悪い」と引く。

   巧は巣穴から引っ張り出されたアナグマみたいに、コソコソと猫背のがに股で歩く。優秀だが、それゆえ自分の限界が分かってしまった男の鬱屈がユーモラスに表現されている。

オープニング曲が素晴らしい!ザ・ピーナッツの「振り向かないで」

   テーマパークで巧が必死で依子に求婚するシーンがよかった。親身になってくれる唯一の幼馴染、元ヤンキーの島田(松尾諭)とその妹・佳織(国仲涼子)の勧めで、死ぬ思いで覚えたダンスをしながらサプライズ求婚したが、断られる。本当は無職であることがバレてしまったのだ。

   恥も外聞も捨てた巧は「お願いします。僕は他に生きるすべがないんです。僕と結婚して養ってください」と土下座する。「家事もやりますし、外に出ないからお金もかかりません、少々、本とDVDさえ買えれば」

   これが女なら土下座なんかしないですむのに。だって養ってもらうのが当たり前だと威張っていられるからね。私にはその神経はわからないけど、一般的にはどうもそうのようだ。「男が同じことをして何が悪い」と巧も言うが、同感だ。がんばれ、巧!

   依子を好きになる熱血剣道青年の鷲尾(中島裕翔=Hey Say! JUMP)が爽やかでいい。オープニングに使われている曲、ザ・ピーナッツの「振り向かないで」が素晴らしい。杏と長谷川博己のダンスもうますぎないところがまた魅力的だ。(月曜日よる9時~)

(カモノ・ハシ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中