眞鍋かをり「海外旅行で私も危機一髪!日本語達者な現地人は特に注意」

印刷

   タレントの眞鍋かをり(34)が2月12日(2015年)、海外で頻発する女性への性的暴行にツイッターで言及し、「何度か、危機一髪だったことがありました」と明かした。

   海外旅行好きで知られる眞鍋は、「とても胸が痛みます...。 女一人旅だと親しげに声をかけられたりガイドを申し出られたりすること多いですが、拒否が鉄則だと思います。中にはいい人もいるでしょうが、親切心と下心を見分けるのは不可能なので...」「日本語が達者な現地人は特に注意したほうがいいと個人的にですが思います。これ以上、旅好き女子の楽しい旅行が最悪の思い出になることがありませんように」とアドバイスしている。

   ファンから「断って逆恨みされる事もあるし、複数のグループで狙われたら防ぎ用が無い」「海外では日本語で話しかけてくる人はほぼ怪しいと思いましょう。女性だけでなく、男性も危険です」などさまざまな反応が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中