すっぴんメイクも厚塗りメイクもバレバレのテレビ4K・8K時代!出演者は戦々恐々

印刷

   この季節、毎年楽しみにしているものがある。グラミー賞授賞式中継だ。その昔、某テレビ局では上層部と社員がこぞって見学に行くなど、とにかくエンタメ界のお祭り騒ぎであることは間違いない。

   ここで繰り広げられた演出が、その後さまざまなアーティストのコンサートや歌番組でパクられるわけだ。

グラミー賞授賞式「出演者」マスク被ったようなゴテッゴッテ

   さて、今年はどうか。ド派手なパフォーマンスで知られるケイティ・ペリーはシンプルな白ドレスに影絵の演出だ。4冠を達成したサム・スミスのパフォーマンスもゲンカルをバックに、メアリーJ・ブラージとのデュエットといういたって簡素なものだった。

   究極にシンプルだったのは、白ホリバックにポール・マッカートニーとリアーナと話題のコラボ曲を披露したカニエ・ウエストが行ったソロパフォーマンスだ。床に埋め込んだサーチライト1本の上で歌うというもので、時に明度の差が激しすぎて顔が暗くて映らない時があった。そぎ落としの美学が感じられるステージだった。

   一方で、我が道行くのは今年で56歳になるマドンナ。いつもと同じボンテージファッションに身を包み、クリスタルのキラキラな闘牛士のお面をつけたマッチョ男性ダンサーが続々と登場し、半ケツに鍛え上げた太ももを見せつけながら、こちらもいつものお決まりダンス。最後は宙づりになって舞台からはけていった。これぞマドンナワールド、アクが強くて、もう時代的にもお腹いっぱいっす。

   熱いパフォーマンスの数々だったのだが、あついといえば、どのアーティストのメイクもすさまじく厚い。もう、人間の皮膚感がまったくないような厚塗りメイクの女性ばかりが登場してくる。まるで特殊な塗料でプリントされたマスクを被っているみたいに、顔全体が人工的だ。

   はち切れそうにプクんとして表面はツヤツヤ。そこにハッキリクッキリ描かれた眉に何層にも塗って光と影を操るアイシャドーに顔全体のシャドーメイク。1度コップに付いたら強力な洗剤でも落とすのが大変そうなほど光り輝くリップ。そんでもって、アメリカ人お決まりの白く輝く歯をにっこり見せて笑うのだから、眺めているこちらは、それだけで胃がムカムカしてくる。強烈な香水のにおいと密閉された肌が呼吸できなくて息苦しい感じが想像できる。

女性にとって脅威!肌質までわかる鮮明さ

   メイク番組に携わったりしているが、その時の女性たちの美への追求、執念はすさまじいものがある。登場する女の子たちは口ぐちにこう話す。「すっぴんでは誰とも会えないし、メイクをすれば人の目を見て話すこともできて、何より自信が出てくるんだもん」

   世界最大の音楽賞に登場する女性スターはまさにその究極の形なのかもしれない。

   ハイビジョン対応メイクなんて言っておられない4K、8Kの時代はすぐそこだ。すでに4Kカメラで撮影している番組も増えてきた。女性にとって、脅威の時代の始まりだ。

   これからは、すっぴんはその感触までわかるように素朴に映り、メイクした女性は独特の肌質から香りまでわかりそうなぐらいに鮮明に描きだされてしまうだろう。ノーメイクに見える手のこんだメイクも、あっさり見破られてしまいそうな気がしてならない。アップにたえられるかという問題ではない。バストショットでも肌の質感がアンドロイドなのか人間なのか、そのぐらいわかりやすくなってしまう。本当に恐ろしいわ・・・。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中