2018年 6月 23日 (土)

JOY サッカー日本代表「次期監督説のラウドルップ実績なさ過ぎる」

印刷

   サッカー日本代表の次期監督候補が元デンマーク代表ミカエル・ラウドルップ氏(50)に一本化されたという報道をうけ、タレントのJOY(29)が2月18日(2015年)、ツイッターで不満を述べている。

   「ラウドルップ監督としての実績ないし、正直凄まじく微妙な気が」「ザッケローニ→アギーレ→ラウドルップって、急にレベルが」と指摘し、「本当なら心配すぎる。おそらくルックスも重視して、メディアイメージも上げたいのかな」と推測している。

   ラウドルップ氏は1998年の現役引退後、ブレンビーIF(デンマーク)、ヘタフェCF(スペイン)、FCスパルタク・モスクワ(ロシア)、RCDマヨルカ(スペイン)、スウォンジー・シティAFC(ウェールズ)で監督を務め、2014年からレフウィヤSC(カタール)を率いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中