2018年 8月 19日 (日)

17日朝の地震「震源地間違ってた」発表より100キロも陸寄り!津波予想時刻ズレ

印刷

   気象庁は17日朝(2015年2月)に起きた東北地方の地震の震源地を修正した。実際の震源地は発表より110キロも岩手県に寄った海底で、津波到達予想の時刻も10分早める必要があった。

なぜこんな誤差が?

   気象庁は、津波を発生させる本震に先行して規模の小さい別の地震が発生し、分析の際に誤って混同したためとしている。

   司会の小倉智昭「なぜ100キロもの誤差が生じたのでしょうかね」

   東京大の笠原順三・名誉教授(地震学)は「同時多発的に起きた地震と混同する可能性はありますが、データを解析し修正するのは5分で可能なはずです。修正が翌日では遅すぎます」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中