17日朝の地震「震源地間違ってた」発表より100キロも陸寄り!津波予想時刻ズレ

印刷

   気象庁は17日朝(2015年2月)に起きた東北地方の地震の震源地を修正した。実際の震源地は発表より110キロも岩手県に寄った海底で、津波到達予想の時刻も10分早める必要があった。

なぜこんな誤差が?

   気象庁は、津波を発生させる本震に先行して規模の小さい別の地震が発生し、分析の際に誤って混同したためとしている。

   司会の小倉智昭「なぜ100キロもの誤差が生じたのでしょうかね」

   東京大の笠原順三・名誉教授(地震学)は「同時多発的に起きた地震と混同する可能性はありますが、データを解析し修正するのは5分で可能なはずです。修正が翌日では遅すぎます」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中