クルマ全焼!アルコール96%「スピリタス」引火―酒盛りの男女大やけど

印刷

   きのう19日未明(2015年2月)、愛知県名古屋市で駐車中の自動車が全焼し、車内にいた30代男性と20代女性の2人が重いやけどを負った。2人はとめた車のなかで酒を飲んでいて、タバコに火をつけようとしてアルコール度数が96%のウォッカ「スピリタス」に引火したものと見られる。

バーなどではたばこ吸わないよう呼びかけ

   スピリタスはおもにカクテル用だが、まれにはストレートで飲む人もある。バーなどでは、ストレートで飲む客の周囲でタバコを吸わないよう呼びかけることもある。「スッキリ!!」が用意したスピリタスの瓶には、「アルコール度数が高いため、火気に注意してください」との注意書きがあった。

とにかくキツい酒

   キャスターのテリー伊藤「これ(スピリタス)、車内でやってたら充満しちゃうしね」

   司会の加藤浩次「20年くらい前にちょっと流行っていて飲んだことあります。まあ、キツイですよ」「常温だったら、簡単に火がつきますよ」

   菊地幸夫弁護士「そもそもクルマのなかでお酒はね・・・」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中