2019年 11月 15日 (金)

多摩川河川敷で惨殺の上村遼大君!直前までLINE・・・不良たちがカツアゲ?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   神奈川県川崎市川崎区の多摩川河川敷で20日未明(2015年2月)、中学1年生の上村遼大君(13)が遺体で見つかった事件は、面白がってゲーム感覚で殺害に及んだ形跡も見られる。

   捜査関係者によると、遺体のあった場所から数十メートル離れたところに大量の血だまりがあり、付近にはカッターナイフの刃や物を束ねるときに使う結束バンドが見つかった。また、近くの公園の女子トイレには遼大君の衣服を燃やした痕跡があり、トイレの前の木には遼大君のものとみられるバスケットシューズが吊るされていた。

   死亡推定時刻は20日午前2時ごろで、現場に通じる防犯カメラには自転車を押して河川敷の方へ向かう複数の少年の姿が映り、戻る時の映像では一人少なくなっていた。

同級生「昨年夏ころからつるむ人が変わって悪くなった」

   遼大君は小学校6年生だったおととし9月に島根・西ノ島から転校し、昨年4月に中学へ進んだ。中学の友人によると「明るい性格で、近寄りやすい印象で友達も多かった」らしい。

疑心暗鬼

   しかし、昨年夏ごろから変化があった。友人は「つるむ人が変わってきて、不良みたいな感じの人と一緒にいるようになり、やることが悪くなった」、中学校の校長によると「今年1月からまったく登校しなくななりました」

   今年1月には左目の周りに黒くアザをつくっていたので、友人が問いただしたところ「先輩にやられた」と言っていたという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中