上村遼太さんと「ワルグループ」きっかけはバスケ!引きづり込まれパシリ

印刷

   多摩川の河川敷で殺された神奈川県川崎市の中学1年生・上村遼太さん(13)は、地元の少年グループから万引きを強要され、断ると殴るけるの暴行を受けていたが、このワルたちと知り合うきっかけはバスケットボールだった。

近くの公園で夜遅くまで練習してたら・・・

   通っていた中学校でバスケ部に入っていた上村さんは、近くの公園で夜遅くまで練習をしていた。そこで同じくバスケをしていた他校のグループと知り合い、それ以降は部活や学校を休みがちになっていったという。

   大竹真リポーター「同級生たちの話を聞くと、グループにひきずりこまれたという印象を受けますね。グループではおそらく一番年下。関係性は主従関係で、暴力をふるわれ、パシリ的に使われていたという証言もあるわけです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中