相葉雅紀「月9初主演」池井戸潤のサスペンス・・・「みんな僕がストーカー役だと思ってる」

印刷

   相葉雅紀にとって初めてのフジテレビ系『月9』となる春ドラマ「ようこそ、わが家へ」の取材会が23日(2015年2月)に行なわれた。「ようこそ~」は直木賞作家・池井戸潤の小説が原作で、ストーカーの恐怖と企業の謀略に立ち向かう家族を描いたドラマとなる。月9は恋愛ドラマがかつては定番だったが、毛色の違ったサスペンスもので、相葉チャンは「子供の頃から親しんできた枠で、池井戸さん原作のサスペンスタッチのドラマという形で参加させていただけることを、とても光栄に思います」と語った。

家族を必死に守る温厚で誠実、気弱な商業デザイナー

   相葉ちゃんが演じるのは温厚で誠実、気弱な商業デザイナーの倉田健太だ。駅のホームで女性を突き飛ばし割り込み乗車をしようとした男を注意したことから物語が始まる。その日を境に、自宅への嫌がらせが始まる。健太の父親は会社の不正行為に気づいたことで窮地に追い込まれ、妹も元カレのストーカーに追い回される。

   台本を読んだ相葉ちゃんは「鳥肌が立ちましたし、ハラハラドキドキしました。先が見えない。敵も見えないし、いつまで続くのか、どうやって対応していいのか、警察に言っても進展がないし、すごい壮絶な話だった」という。役を演じるときに、普段は「自分だったらとあまり考えることがない」が、今回は180度アプローチを変えてみるという。

共演は寺尾聰、有村架純、南果歩・・・「シブい家族でしょ」

   ストーカーと戦い、家族を守っていくという役どころに、「健太くんはいろんなことを抱えていかないといけない役なので、その準備はしています。心の中はすごく激しく動いていて、やりがいを感じますね」という。つらい状況に向き合う家族を「自分では想像つかないし、戦えるか不安。この家族だから戦っていけるのかなと」と思い悩んだりもしている。

   父親・倉田太一役に寺尾聰、妹・倉田七菜役に有村架純、母親・倉田珪子役に南果歩がふんする。「シブい家族でしょ。すごい楽しみです」と笑った。嵐の他のメンバーは月9初主演について「何も言ってくれない」とぼやいてみせたが、「ストーカーの話としか伝えてないので、僕がストーカー役だと思ってる」と笑わせた。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中