2022年 10月 4日 (火)

板東三津五郎「みっともなかった・・・」恥じていた近藤サトと「たった1年半で離婚」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

朝日新聞の部数激減が止まらない!週刊新潮「社外秘報告書」スッパ抜き・・・実売は7割

   けさ27日(2015年2月)の朝日新聞で池上彰氏が朝日批判をチョッピリしている。20日に行われた皇太子の記者会見報道で、毎日新聞は「我が国は戦争の惨禍を経て、戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、平和と繁栄を享受しています」と報じているのに、朝日新聞は触れていない。「こんな大事な発言を記事に書かない朝日新聞の判断は、果たしてどんなものなのでしょうか」と指摘しているのだ。

   もちろん読売新聞はもとより日本経済新聞にも産経新聞にも出ていない。だが、あれだけ憲法を擁護している朝日新聞が、皇太子の、おそらくギリギリの現状批判の言葉を載せないというのは、私にも理解できない。まさか安倍首相に気を遣ってなんてことはないでしょうな。

   週刊新潮は朝日新聞が部数的にも深刻な事態に陥っていると報じている。週刊新潮が入手した「社外秘 2014年度ASA経営実態調査報告書」によれば、<朝日新聞の実際の売れ具合を示す〈発証率〉が〈セット販売〉で〈71・0%〉となっている>そうなのだ。したがって、本当に売れているのは71%でしかなく、残りの約3割は「古紙」と化しているということである。

   今年1月の時点の公表部数は読売新聞が約920万部、朝日新聞が約680万部。しかし実態がこうなら500万部程度しか出ていないということになるのではないか。

   もちろん読売新聞も何割かは割り引かねばならないだろうが、さらに深刻なのはこの調査が2014年5月だからだ。慰安婦問題が起きたのは8月だから、さらに部数減少に勢いがついたことは間違いない。

   そうしたことが背景にあり、先の皇太子の発言も「自粛」したのではないかと勘ぐりたくもなる。朝日新聞危うしである。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中