2019年 7月 20日 (土)

上村さん惨殺18歳 酒飲むとすぐ暴力!父親「外では飲むなと言ってあった」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   神奈川・川崎市の多中学1年生・上村遼太さん(13)を殺害したとして逮捕された主犯格の少年A(18)は1日(2015年3月)、容疑を認める供述を始めたという。動機は上村さんを殴って大ケガをさせたことを別のグループに告げ口したことへの逆恨みだった。

   Aは酒を飲むと暴力的になり、上村さんを殺害したときも酒に酔っていたという。逮捕される2日前にAの父親はまるで他人事のようにこう話している。「実際、酒も飲むしタバコも吸っている。家ではいいよと俺は言っていた。ただ、表ではするなと。まして迷惑がかかるようなことはするなと言ってあるんだけどさ・・・」

別グループが暴行に抗議!「チクられて頭にきた」と逆恨み

   上村さんとAは昨年11月ごろ知り合い当初は仲が良かったが、今年1月中旬にAから「万引して来い」と言われた上村さんが、「それはできません」と拒否したことで執拗な暴力が始まった。

   殺害される8日前に上村さんとAとの間に決定的なトラブルが起きた。以前から仲の良いかった別の少年グループが上村さんのアザを見つけ、殴ったAの自宅に抗議に押しかけた。父親が応対に出た。

「最初、中学生ぐらいのが2人で来た。『息子はいるか』って。寝ていると言ったら、『遊びたいから起こしてもらえませんか』って。この時は異常を感じて息子は出なかった。(2人は)いったん帰ったが、20分後にまた来た。今度はピンポン、ピンポンずっと鳴らしっぱなし。閉じたドアをガチャ、ガチャ開けるような感じがあって」

   家族が110番通報し、警察官が駆けつける騒ぎになった。その後、Aはこのグループに「もうしない」と謝罪したらしいが、上村さんに告げ口したと強い恨みを抱いたらしい。「チクられて頭にきていた」と供述しており、警察もこのトラブルをきっかけに殺害に及んだとみている。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中