おひな様もコンパクト化、キャラクター化!マイホーム狭く段飾り無理

印刷

   きょうは3月3日のひな祭りということなのだが、森圭介アナが「9時ッス!!」コーナーで取り上げた「最近のひな人形はちょっと変わってきています」と森圭介アナが「9時ッス!!」コーナーで取り上げた。

   近ごろは立ち雛や木目込雛など、場所を取らないコンパクトなひな人形が売れ筋なのだという。人形のまるぎんの八木駿一郎社長は「住宅事情のせいで、だんだんと非常に小型になってきたのが特徴です」と話す。

20代、30代女性が自分向け!ピーターラビットひな、リカちゃん人形

   数年前から変り雛も続々と登場している。背景には「20代、30代の若い女性がご自身用にインテリアとして買われるということも聞きますね」(大丸百貨店PR広報課・宮川香織さん)

うちも2体だけ

   変り雛には、うさぎのピーターラビットひなや、リカちゃん人形(お相手はもちろんボーイフレンドのレン君)のひな人形、鉄製びな、手のひらサイズのミニ雛などがあるという。

   キャスターのテリー伊藤「インテリア的なものもすごくカッコいいから、外国の方とかとくに喜ぶんじゃないですか」

   司会の加藤浩次「ボクんちも娘いるから飾るんですけど、(娘が)生まれたときにおばあちゃんに三段飾りを買ってもらいましたね。結局、お内裏様とおひな様の2体しか飾らなくなっちゃう。出すのがちょっと面倒くさくて。そのほうがおさまりがいいんだよね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中