駐韓米大使襲撃男「北朝鮮訪問8回」「日本大使にも投石」要注意人物なぜスルー?

印刷

   韓国駐在のリッパート米大使がきのう5日(2015年3月)朝、ソウル市内の講演会場で男に襲われ、顔や腕を切りつけられた。大使は病院で手当を受けたが、キズは長さ約11センチ、深さ3センチ、80針を縫う重傷だった。命に別状はない。

   講演を前に朝食の最中で、男は「挨拶を」と近寄っていきなりナイフで切りつけた。「米韓軍事演習反対」などを叫んでいて、アメリカ政府が「日本寄り」になったという思い込みがあると見られるが、背景などは不明だ。

   中東を訪問中の朴槿恵大統領は「米韓同盟に対する攻撃で許せない」という声明を出した。

熱心な「反米・南北朝鮮統一」「反日」

   襲撃犯のキム・ギジョン(54)は取り押えられながら、「テロをやってやった」などと叫んでいた。シャーマン米国務次官が韓国のナショナリズムを批判する発言をしたことで韓国内に高まった反発に乗じたとみられる。

警備に問題

   キムはブログなどで反米・南北朝鮮統一を訴えており、韓国統一庁によれば、これまでに8回ほど北朝鮮を訪れている。反日活動も熱心で、2010年には当時の日本大使に石を投げつけて有罪となっている。

   リッパート大使はオバマ大統領の側近で、さっそく大統領から見舞いの電話が入り、ケリー国務長官は「外交官が襲われてもアメリカがおじけづくことはない」とテロ行為を非難した。

   リッパート氏はオバマ大統領が上院議員だったころから外交アドバイザーをつとめ、ホワイトハウス、国防総省の高官を歴任した。昨年10月に駐韓大使となったのは、ケネディ駐日大使と並ぶ大物をという政治的な配慮があった。大使は着任後に生まれた長男のミドルネームに韓国名を入れるなど、韓国で好感がもたれていた。

警備員少なく、警察官駆けつけも遅れ

   監視カメラの映像には、キムがなんのチェックも受けずに会場に入る姿が写っていた。警備員の姿もなく、事件発生後も警察官が駆けつけるまでに相当の時間があったといい、警備が手薄だったことは明らかだ。

   キャスターの齋藤孝「日本大使の件もあり、警備に問題があったのかな。警察が要請されてから動いている」

   この騒動、案外キズが深くなるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中