福士蒼太、握手会は片手で・・・ トレーニング中、右手にケガ

印刷

   俳優の福士蒼太(21)が自主トレ中に右手を負傷した。3月6日(2015年)、本人のブログでスタッフが明かした。

   「数日前、自主トレーニング中に誤って右手を負傷致しました。診断の結果、骨などには異常はなく、普段の生活には全く支障がありません」という。7日に都内の書店で行われた『福士蒼汰カレンダー2015.4~2016.3』(東京ニュース通信社)の発売記念握手会について「大変申し訳ございませんが、片手での握手にさせていただきます」とことわっている。

   7日、福士はイベント前にブログを更新し、「この度は右手負傷しご心配をお掛けしてすみません 回復していっているのでご安心下さい!! 体は元気100倍です!! 来られる方は楽しみに待っています」とファンに呼びかけた。

   7日付けスポーツニッポン電子版によると、福士はイベント会場で「シャドーボクシングをしていて物があった時にそこにポンって当たっちゃった」とケガの原因を語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中