<お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺>(テレビ朝日系)
面白くてためになるお坊さんトーク!歴史の陰に僧侶あり・・・武田信玄に剣捨てさせた快川和尚

印刷

   徳川家康、源頼朝など歴史上人物の裏には必ずお坊さんがいた! それをお坊さん自らが解説する。真言宗の文覚は壇ノ浦の戦いで源頼朝を勝利に導いたという。直情的な性格が災いし、後白河法皇に立てついた罪で伊豆に流され、そこで幽閉されていた源頼朝と出会う。文覚はもとは武士で、頼朝の父に仕えていた。文覚に励まされた頼朝は感激し、平家との戦いに挑み見事勝利を収めたというのだ。

   快川和尚は武田信玄に剣を突き付けられても動揺せず、逆に剣の無力さを説いた。感服した信玄は以降は戦の時も剣はもたず、軍配だけになった。

「あいうえお」も「いろは歌」もみんな仏教から生まれた

   お坊さんの話は教科書には載っていない勉強になる知識が満載だ。「あいうえお」は天台宗の円仁が仏教を学ぶため唐で覚えたとか、「いろは歌」も空海が作ったもので、仏教的な要素が詰まったものだといわれているなど、実に興味深い。

   また、それを話すお坊さんの話の上手さは、司会の爆笑問題も思わず「紙芝居屋さんみたいだね」というほどだ。お坊さんは話が上手くなければ勤まらない仕事なのだろう。この番組は好評で、4月からは月曜よる7時からとゴールデンタイムに進出する。(テレビ朝日系3月3日深夜0時15分~)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中