2019年 2月 22日 (金)

大河ドラマ「花燃ゆ」過去最低スタート10話!平均視聴率「平清盛」下回った

印刷

   NHK大河ドラマ「花燃ゆ」は3月8日(2015年)に第10話が放送され、番組スタートから第10話までの平均視聴率でこれまでで最低になったようだ。1月4日(2015年)の初回から16・7%と超低空ではじまり、7話目は11・6%と2ケタ維持がやっとというところまで落ちた。10話平均は13・76%で、これは全話平均で最低となった「平清盛」(2012年)の10話目までの15・76%を大きく下回っている。

   「花燃ゆ」はイケメンをずらりと並べて売り物にしているが、とにかくアクションが少なく、ストーリー展開も人間関係中心で地味だ。幕末ホームドラマを狙っているとしても、見続けるには根気がいる。さらに、今後はイケメンたちが老けていくとなると、視聴者の中心になっている女性たちがどう反応するか。なかなか厳しい。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中